読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさおの脳みそ

ぼくの脳みそ

【日記】うんこ職人

日記

 皆さんおはこんばんちわ!タイトルで嫌な気分になった人は引き返してくれよなっ!

 (早速話が脱線しますが、こういった、〇〇だよなっ!という表記を見ると漫画版バトルロワイヤルを思い出しませんか?一気見したらすごく面白かった記憶があります。漫画の画風が内蔵がすごく美しく表現されていて、ショッキングだったと同時に、感動した覚えがあります。)

 

 記事の結果としては、うんこ職人になりたいな、ということと、お通じ事情が改善されつつあるということだ。ここで引き返してもいいと思う。

 

 僕は、最近太っている。そして元来僕は下痢野郎だ。この二つは全く関係ないように思えるが、関係性が在るのだ。

 まず、太っているということに関してだが、僕はもともと体重の増減が激しい。中学生の時まではやせ形で、食べても太らないというワードも何度か言われた。そのせいで、あほみたいにポテトチップスを食べまくり、高校の時には80キロ台まで体重が増加した。その後は、70キロ代をうろちょろしていたが、服のサイズを変えたりだとか、そんなことをする必要はなく、ずっと小太り位で、キープしていたように思う。そして就職先やバイト先が深夜遅くの労働の職に就くことが多く、深夜労働をすると、平均体重に近づけたりする位痩せていったのだ。しかし、現在の職が、早寝早起きでしかも職場の皆は食事を鬼のように食べ。という職種についた。健康的でもあるが、実際にこの職に就くと、体重が激増、ストレスと怠慢がたたり、鬼のように太ってしまった。

 そして、下痢やろうに関してだが、元来僕は怒られたり、初めての作業であったり、見知らぬ環境であったり、果ては他人全般が苦手であったので、昔から、何をするにも気分が悪くなるくらい緊張していた。そして高校位から、病院には行っていないが、恐らく過敏性の腸炎であると思う。いつの間にか僕は下痢であることが普通になった。それが普通であったのだ。

 

 ダイエットをしよう。そう思ったのは、健康診断の日程を決めたときだ。そう思いつつも、家の体重計は電池がなくなってからは交換せず(太っている事実は理解しているので今更数値化されたくない)ランニングを始めるわけでもなく、漠然と痩せたい!と思っているだけである。そんな俺がやり始めたのが、食生活の改善である。

 ヨーグルト・バナナをよく食べるようになったのだ。理由としては家族に、お通じの質が上がるだけでやせると思うけどな。と教えてくれたことだ。確かに、最近テレビで特集される、食事の量も減らさず、運動もせず痩せれる!というものは、主観だが、食物繊維等を多くとったりして、お通じの質を上げるものが多い気がする。これはやってみよう。と思ったわけだ。

 R1と言うヨーグルトを摂取してみることにした。もともとヨーグルトは好きだ。単純に食べようとする動機が無かっただけで、食べてみると全然苦ではない。おいしい。そしてバナナも美味しい。今まで菓子パンで飽き飽きしていた朝食が、なんか華やかになった。次第に飽きてくるだろうが、とにかく飽きてくるまではこれでいいのだ。そして結果が出た。

 前まで僕は下痢やろうで、昨今この仕事についてからは、常に腸が過敏であり、一日に3度くらいは、小分けに便意が来ていた。その都度集中力は切れていたのだが、食を変えてから、便意が小分けに来なくなった。一日に一度くらい、便意の大爆発(エクソプロージョン)(ビッグ・バン)が発生し、今まで数年見たことがなかったようなモノとであったのだ。久しぶりに故郷の友達と出会ったような、なつかしのアノ感覚。

 久しブリっ!元気だったかっ!!

 

 

 アノ感覚が、忘れられない。忘れられるものだろうか。下痢という本来苦痛であることが、日常化していた折に、アノ完璧なお姿で降臨されたモノを努力次第で生み出せることを知って努力しないで居られるだろうか、いや、無理だ。

 

 それからは、僕は体重とかどうでもよくなり、自らの理想のうんこを産み出す、うんこ職人を目指して邁進することにしたのだった。