まさおの脳みそ

ぼくの脳みそ

人の意識の源

木曜はプライベート日記。

プライベートな事をお話ししよう。

 

 幽体離脱が、2ch界隈で流行った時、おっぱいを揉みたかった僕がその甘美な誘惑から逃れられるはずもなく、日夜名倉(覚醒しながら見る夢の世界)へ行く努力を重ねていた。

おそらくその際に、自分の意識がある場所をイメージする。と言うファクターがあり、その時の僕は、目の奥に僕の意識はあるのでは無いか。と思った。

 

////////////////////////

 

 今週の始め、夜中にラインの着信で目を覚ます。既に電話の着信履歴も入っており、緊迫した状態である事を僕に悟らせる。

 奥さんだ。

 奥さんは出産して間もないため、僕のマンションの近くの実家に泊まっている。僕の仕事が朝早いため滅多なことでは、電話はして来ない。奥さんか、子供に何かあったのかもしれない。そう思った。

 子供のお尻に、出来物があるのは知っていたが、その出来物が潰れた所に、穴が空いている。との事だった。

 携帯で調べると、二分脊椎という単語が出て来る。先天的にお尻から背骨のラインに穴が空いており、それが悪さをして、排泄行為や、歩行等に困難な症状を生み出す疾病である。

 全身に震えが来た。一気に目が覚めて、重篤な症状と共に生きる我が子を想像して、涙が出そうになった。

 似た様な症状も何個かあるし、その可能性が高い為、安心するために、地域のかなり大きい小児科に奥さんは向かった。

  しかし、万が一の時、対処出来ない事や、満足に診察出来ないと言われ、更に地域で1番というほどでかい総合病院へ行けと、紹介書を持たされた。

 更に不安な事に、出来物の箇所付近に、マジでちっこい穴が🕳もう一つ空いていて、そちらの方が穴の終点が見えずに不安です。と脅された。

 翌日、職場に無理を言って、病院に付き添った。かなり珍しい症例のようだった。医者もぶっちゃけ肉眼では確認出来ないし、もしも、があった時、あまりにも重篤なので、MRIの順番を、優先度高めに入れてくれた。

 MRIの為、重量感のある分厚い扉の向こうに我が子が運ばれて行く様は、ドラマの手術室を思い起こさせ、僕らは泣いた。

 結果、レントゲンでは、異常が大きい穴も、小さい穴も見当たらない。との事だった。安心して、何日分も働いたように僕らは疲れた。

 背骨の中を走る神経に、違和感がなかったようなのはうれしかった。レントゲン結果の写真に救われた。

 

 文頭に話は戻るが、今回僕は、自分の意識は、脳から背骨を通る神経に宿る。と考えを改めた。レントゲンでみたあの空間に、人のナニか形容し難いものが詰まっている事を理解した。

 

 それだけのプライベート日記です。オチはありません。f:id:masao4224:20170914222218j:image