読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさおの脳みそ

ぼくの脳みそ

感想【化物語】

f:id:masao4224:20170204175649j:plain

 ムカつかないハーレム主人公と怪奇。

 

 もちろんネタバレは含んでいます。しかし、感想文としては薄い気もします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 2006年。つまり僕が16歳の頃、西尾維新が執筆したのが、化物語という作品だ。

高校の頃は、西尾維新って誰だ?と言った様な知識であったが、大学へ上がる頃には一大作家であり、作品群は余りにも有名であり、空前絶後のアニメブームの中作成されたのが、アニメ版化物語である。

 僕は、皆がみんな見ている作品は見てもないのにクソと思い込んでしまう、ウジ虫にも劣る存在であったので、ニコニコ動画でもまあ有名だった該当作品は見ていなかった。おっさんとなった今、もうそんなものは関係がない、感想をしゃべる相手もいない。ただただネットの海の過去の感想たちと気持ちを通わせるだけである。恥ずかしさや強がりからの解放。素直な気持ちで僕はアニメを見ます。ブヒ。

 

 ・統括感想

 ・会話主体の作風の良さ

 画面を見れない視聴(大体運転中なので、基本的には音だけ聞いている)ではあったが、何話か、ところどころ絵を見るだけで、後は会話、シチュエーションが想像出来た。フルで絵を見なくても、大体が会話しているだけで23分ほど過ぎている。会話も、主人公たちの置かれている実状が暗くても、皮肉があったり、小ネタがあったり、エロがあったり、パロディ満載の会話でダレない。これが一番の魅力であった。

 

 ・ハーレム系主人公の理想。

 主人公の阿良々木暦くんのキャラクターが良い。まずかわいい。声も良い。自分がイタかった過去と、それによる現在の状況を自らきちんと理解できているのも良い。賢い。友達が少ないから感情移入しやすい。そのわりに会話がうまい。人の為に動ける。自分も苦労しているから(特異な現象をわが身で受けている)という理由での協力の提示が自然だし理解できる。特殊能力が地味(アニメ版だけの描写)だけど便利で好感が持てる。突っ込みが早い。うまい。他のキャラクターからの好意をきちんと受け止めれている(受け止めれないシチュエーションでも真正面から向かい合っているように感じる。少なくとも、え、なんて?みたいな感じではないように思う)その上でセクハラをしまくったり、性的欲求を清潔さを欠かさずに表現している。ロリコン

 以上の属性を俺は感じました。嫌いじゃないし好き。ハーレム系のアニメーション主人公の中でもだいぶ好き。

 性的欲求を隠さない。であったり、ちゃんと心の中に決めた人がいる。みたいなところがいいのかな。

 

 ・女の子のかわいさ

 女の子がかわいい。ありがとう。

 使い捨てじゃない。ありがとう。

 セクハラが容認される世界観。ありがとう。

 何故か登場女性のエロが蔓延している世界。ありがとう。

 各女性で、全くストーリーが区別されている。タイトル、テーマソング、オープニングアニメーション、舞台、全く違うのに、仲良くなった女性は続投出演を行うことが多い、更に、毎回かわいい。女性ごとのかわいさのジャンルが異なる為、掛け合いが面白い。かわいい。

 

 ・EDテーマの親和性。

 最高のEDテーマと、それにバチバチにぶち込んだアニメ演出。最高かよ。これを聞いた時はずるいなあと思いながら涙した。俺は戦争に出かけた旦那を待っていたが、帰ってきたのは手紙だけで、先に行く、すまん。娘を頼む。とだけ書かれているのを見たときの食堂の若女将かよ。ずるいなあ。あんただけ。

 

 ・面白かったです

 

 

 ・戦場ヶ原ひたぎと言う、理想の女性。

 僕の女性の好みとしては先ずはクーデレが理想である。

 高校生の時くらいに、ツンデレという言葉が生まれ、そこからまとめブログの走りを見て、次々定義化されていく、ヤンデレ、黙デレ、クーデレ、それぞれにリアルタイムで萌えてきた。その中でもクーデレは特別な存在であった。

 僕は待ちの人間である。僕はキモい。そんな僕でも見てくれる女性。外見ではなく中身を見て、しかも女性からの告白。しかもクール。

 

SSP(性的スイートスポット)ど真ん中なのである。

 そんな中での彼女はどうだろう。

 5億点。

 なんなら柔らかそうなおっぱいが惜しげもなく描写されている。ありがとうございます。

 

 1話、強烈な、ボーイミーツガール。視聴者からの初めての戦場ヶ原ひたぎの姿は、一般人である(とその時点では描写されている)主人公の口に、スパイもびっくりの速さで、ホッチキスをぶち込む姿だった。(うちのじーちゃんちに在った古いホッチキスの形と一緒だったのでMAXのホッチキスだと思う)(更に言うなら、ステープラーはMAXのホッチキスが間違いなく良いと思う。ハズレがない。おすすめ)

 その彼女の特異さ、弱さ、を知り、受け止めて、自らも特異である事から共感し、多くない知識で出来ることを探して行動をする主人公と軽快な会話をする戦場ヶ原ひたぎツンデレでなく、お前はツンドラだと言われる位に、クールな女性であった。

 特異のせいで、本来暗くなるストーリーを、前述した、明るい軽快な皮肉いっぱいの会話で、ポップに、どこかお洒落に、特異の真相に近づいていく。

 この、お洒落でポップで皮肉いっぱいでクールで素直なかわいいお姉さんキャラの女の子。間違いありません。正解は越後製菓

 怪奇現象を解決してからは、主人公と、時たま行動を一緒します。その際に、主人公に嫌われたくない・・~。とかそういった内容の言葉を恥ずかしげもなく披露してくれるんです。最高かよ。

 そして、あのEDとの親和性抜群のシーン。ドキドキした。ラブコメ最高。戦場ヶ原さん高校の時に見てたらこじらせてた。それくらい、ど真ん中だった。

くーでれ好きな人にほんとおすすめです。