読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさおの脳みそ

ぼくの脳みそ

お題トーク「恋バナ」

テーマトーク

f:id:masao4224:20170125232611p:image 

今週のお題「恋バナ」

 一体恋とはなんだろう。恋の定義とはなんだ。

 

。異性に愛情を寄せる事。その心。

   思い慕う。思い焦がれる。

 

 異性に愛情を寄せる事。(グーグルにて検索、引用しました、最近はフェミニンな大人が、異性とかそう言うので区切るのはイケない!とよく仰られますのであえて言い訳をします。)

と言うのが定義であるならば、私は満遍なく殆どの女性に対して愛情を感じて来た。勿論友情や、信頼やそういった感情が主だったものではあるが、心の100%が、そういった感情だけだったかと言うと、そうでは無かったようなそんな気がする。マセた人間であった様に感じるし、恋愛ストーリーも好きだったので、彼女が出来ると良いなぁ、素敵なんだろうなぁ。と、普段は考えないのだが、ふとした時に、この人とそういったトクベツな関係になったら面白いかもしれない。そういった1%以下の可能性を、幻視した事、関わった女性が殆どだと言うことを素直に吐露する。勿論、表立った感情では出さない様に努めてきたし、友情や信頼を裏切らない様に努力はした。が、なまじ24歳まで誰とも付き合った事が無かったので、そんな捻じ曲がった気持ちを覚えてしまっていた事は間違いが無い。気持ち悪い人間になってしまったのだ。

 今、仮に、奥さんにこっぴどく嫌われ、詰られ、棄てられたとしたら、女性に対して、上記の様な目で見る事はしないだろうと思う。友情や信頼の中から、いつの間にか生まれる愛を知る事が出来たからだ。それを知らなかった時は、愛情を探しに奔走したり、愛情を無から無理やり産み出そうとしていたのかもしれない。

 いや、奥さんと付き合った前から、探したり、無理くり産み出そうとする事は辞めていたように思う。

 大学の最終学年の時に、好きだった人と脈がなく(ここら辺がショッキングな事が多く、逃げてしまい、本当に記憶が薄い。なかなか思い出せない。)最終学年の特別な日にこっぴどい事象が起こり(起こった気がする)彼女とか作る資格がねえ、と思った時から、自然な感じで女性と接する事が出来た様に思う。

 そういった時期に丁度社会人になり、保育士になり、全く彼女とか要らないっす、いや欲しいっすけど、要らないっす。そんな資格ないっす。みたいなフラットな時期に、周りから無理くりセッティングされてデートした奥さんは、全くタイプでは無く、むしろ職場で怒られたりした上司だったので、1ミリも緊張の糸が解けず、信頼や友情すらも最初は感じる事が出来なかった。

 しかし、運良く、相手は少しばかりの愛情を感じてくれた様で(二重の目に対して。二重が好きな様だ。)断る理由もなく(断れる環境では無かった。周りの保母さんの包囲網は完成されていたのだ。)何度かデートを重ねているうちに、言語化出来ない感情を感じる様になった。

 その気持ちは、今迄感じていた好き、とか愛してる。とか言う感情とは、温度や大きさが違う様に感じた。(具現化出来ないが)

 性とは切り離された(超越した)様な感情だった、しかし、この人は自分にとって掛け替えのないものだなぁと感じる事が出来た。自分の知らない、感情だった。

 

 着地点が見当たらないので、切り上げます。お休みなさい。

見返すとなんか奥さんに欲情してないみたいですけど、そんな事はないです、今はタイプのど真ん中、間違いありません。ビーナス。

 

追追記

今恋と検索すると

f:id:masao4224:20170125232649p:image

星野源凄すぎかよ。

普通単語単体で検索したら意味とか先に出てくるんじゃ無いの?

ちなみに逃げ恥は全部見ました。ゆりちゃん可愛すぎ。キャスト良かった。星野源好きになった。マイナスが無いハッピードラマでしたね。有難う。