まさおの脳みそ

ぼくの脳みそ

【感想】スターウォーズⅧ 最後のジェダイ

 皆さまおはこんばんちわ。

 スターウォーズ見てきました。そんでしばらく時間が経ってしまったのであやふやなところもありますが、思ったことを書いていこうと思います。

 以下、モチのロンでネタバレが含まれております。注意。

 内容の前に、後悔している点として、Ⅶを予め復習しておくべきでした。と言うか全作復習しておくべきでした。結構序盤からトバシている描写から始まっていた気がするので、あれ、なんでこいつ倒れてんねんやっけ?とか此奴と此奴の関係性ってこんなやったっけ?とか何か所かあったので、そんなやきもきしながらストーリーを追うくらいなら初めから復習しておけばよかった。雰囲気でも十分見れますが。

 映画の感想として最初に来るのは、エピソードⅨどうすんの?!?!?!?です。

 SWサーガ的なストーリーラインというか、時系列的には今作はほぼほぼ進んでいないハズで、振り返ってみれば、追われていたレジスタンスがすげー数減らしながらも一矢報いた・・・・。位のもの?もっと大きな動きが見たいよ・・・。と言った感じでしたが・・・。でも、今三部作の根幹のハズの【レイの両親の正体】【ハン・レイア・ルークのレジェンドたちの活躍】【最高司令官スノーク(ラスボス)の正体と、その強さ】この3つが、ある程度今回でカタが付いてしまって、これ、エピソードⅨいるの?ってなってしまっています。

 

 レイの両親に関しては、僕もファンの諸兄の皆さまの意見と同じで、ミディ・クロリアンから生まれた子であるのではないか、と考えていました。両親の正体がわからず、砂の国、タトゥイーンで過ごしてきたというⅦでの描写を見れば、ある程度のファンは、その思考から逃れられないのはないかと考えています。

 しかし、今回ある程度明言された形で、何の変哲もない人間の両親から、借金のカタの為に売られたという風なことを提示されます。

 勿論、ある程度明言されただけであり、未だ回想シーンで振り帰ったわけでもありませんので、確証があるわけでもないのですが、これ以上の詰め様があまりない状態で、ポッと先の事実が解ってしまい、ほかの伏線があるわけでもないので、これ、で、おわ、り、?みたいな感じで、放り投げられた感が否めないまま、エンディングを迎えています。

 

 レジェンドたちの活躍と言う意味では、ハン、レイア、ルーク共に、個人的には納得のいく活躍をしたのではないかと考えています。ある程度。(100%納得のいく形にしようと思ったら、新主人公たちを食ってしまうからしょうがないよな)

 特に、ルークの終盤の立ち回りに関しては、感嘆の一言で、間違いなくベストシーンの一つに挙げられる、肩のホコリパッパのシーンは、見た瞬間痺れて、変なにやつきが止まりませんでした。あんなもん見せられたら、糞映画だったよね、とは言えない。

 作中、あるシーンで大物ゲストが登場し、そこから、所謂覚醒して戦闘に挑むのですが、ある種の縛りから吹っ切れた後のルークは、僕が好きで尊敬した彼の成長した姿であったように思うので、魂を揺さぶられました。大物ゲストは、エピソード2.3あたりでその柔軟さを出してくれてたらよかったのに。

 次回作に関しては、キャリー・フィッシャー女史が惜しまれながらも、亡くなってしまったこともあり、レジェンドが本当に本筋にあまり絡まない作品になるはずです。

 映画観終わった後はⅨでどうすんねんホンマ・・・。と思っていましたが、こうやって自分の中の感想をしたためていくと、なかなか熱い展開ではないでしょうか。レジェンドたちの残したものは今後どうなっていくのでしょうか。でも、やっぱりレジェンド最後大集合!大団円!エンドに比べるとしょんぼりするな・・・。でもこれはしょうがないよな。

 

 そして、最高司令官スノークに関してですが、エピソードⅦでは、SWでも珍しい超巨大なホログラムでの登場や、空気感、そして元人間っぽいけどなんやかんやあって不気味な姿になっちゃったよ~(シディアス卿の最後らへんの姿に似ている)といった風貌から、無限のカリスマ性を発揮し、ラスボスだとほぼ全員の人間に予測させ、過去のSWサーガに関わったいずれかの人間ではないかという予測まで盛り上がった、ストーリーの根幹でしたが、今回ホンマにあっけなく逝ってしまわれました。

 此奴死んだら、帝国おわりじゃね?え?エピソードⅨどうすんの・・・。みたいな感じで今終わっている、ハズです。生きているという伏線もなかったハズです。(同行者がエンドロール後、最後まで見ず退出したため、最後まで確認できていませんが、SW基本的にエンドロールあとは何もない為。)

 本当にこれに関してはどうすんだ・・・。と言った感じで、カイロ・レンさんには現状ラスボスと言う大任をこなすほどのカリスマ性が無いように思う為、Ⅸやっても倒してスッキリする敵、居なくね?と言うのが現状です。そのハズです。

 しかしこれについても、Ⅷ本編中に、遠隔フォースで部下をつかんで転ばせる。レンとレイのフォースの繋ぎ役を行う。全ての心の動きを把握していると自分で言っている。フォースライトニングを発する、戦闘時にかなり強力なフォースを操る(直接描写されたなかでは、作中でもトップクラスの強度・練度だったんじゃないのかなあ)等の描写もきちんとされていましたので、実は死んでいない説もあるのですが、それでもSWシリーズでは、登場人物の死はかなり淡泊でドライに描かれていることが多いので、本当にどっちかわかんない。せめて作中で、次作への解り易い伏線を描いていてくれたら良かったんだけど、俺が覚えている限りでは無く、そういう意味では次作の見どころ無くない?と言った感じでした。

 

 ほかに細かい感想としては、フィンとポーの活躍で、時間をクソ程取った割に意味があまりなかった寂しさ、フィンのあの覚悟の特攻を止めたローズも、Ⅷ単体のテーマとしてはすげえ意味あったけど、物語全体で見たとき、現状酷評もわかるし、あの良い奴風味だったハッカー(DJ)の裏切った後の投げっぱなし感や、どうせならもうちょっと見たかったファズマぱいせん(アレ女性ですよね?男性に見えた気もしたんですが)、それもうちょい早くやっとけや!という、ハイパードライブ突撃(描写はクッソ糞かっこよかった。でもずる過ぎない??紫お姉さんがやったから許すみたいな感じあるけど、あれ普通に作戦として出てきたら、すげえレーザーとかの強味とか魅力なくなるよなあ)等々、本当に数えきれない、なんで?と言う意見が膨らむ中で

 レイの強さと美しさ。レンとルークの過去、大物ゲストの参戦、レンとレイの背中合わせの共闘、ルークの最上の戦闘シーン、BBシリーズのボットの有能性、過去シリーズのリスペクトが詰まった描写の数々、R2との再会。最後には絶対頼りになるミレニアムファルコン、ルークの最期、等、熱く、美しく、滾るシーンも無数にあるので、うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1(良かったが、不満のようなものを語りたいきもち)といった感想であふれているのが現状です。正直、復習してもっかい見直さなければならないとも感じています。

 みなさんはどう感じましたか?

 僕は以上の感想ですが、ネットの酷評を見てもわかるー!!!と思う所もあるのが正直な気持ちです

 

以下追記

 ファズマ女性でしたね。ググったら素顔出てきました。綺麗な顔ですね。

 レイの成長に感じては、俺はよかったよな。と思う。
ルークのレッスン(その3って終わったっけ?)もありながらも、自分なりに、身の回りのフォースと対話しながら成長する姿は良いよなあと。
今まで、ジェダイ協議会がうっとおしかったり、余りにダークサイドを敵視しすぎて、なんかなー、と思っていたが、今回のレイは、暗い面も、明るい面も両方触れたうえで、レンに手を指し伸ばせる強さをもっている。アナキンの頃の窮屈な組織では無理だよな、この感じ。俺の見たかった修行シーンここにありって感じでした。
いままでのジェダイバイバイと言うシーンでは、大物ゲストが、伝説のジェダイの書とか伝統の大切な物シリーズを、ライディンで焼き払うシーンは好きでしたよ。伝統に取らわれんなよと言うのに気付くのが遅すぎですけど。
最期のシーンググって初めて知ったんですけど、少年フォース使ってたんですね。すげえ見逃してた。もっかい見たいなあ。

 

人の意識の源

木曜はプライベート日記。

プライベートな事をお話ししよう。

 

 幽体離脱が、2ch界隈で流行った時、おっぱいを揉みたかった僕がその甘美な誘惑から逃れられるはずもなく、日夜名倉(覚醒しながら見る夢の世界)へ行く努力を重ねていた。

おそらくその際に、自分の意識がある場所をイメージする。と言うファクターがあり、その時の僕は、目の奥に僕の意識はあるのでは無いか。と思った。

 

////////////////////////

 

 今週の始め、夜中にラインの着信で目を覚ます。既に電話の着信履歴も入っており、緊迫した状態である事を僕に悟らせる。

 奥さんだ。

 奥さんは出産して間もないため、僕のマンションの近くの実家に泊まっている。僕の仕事が朝早いため滅多なことでは、電話はして来ない。奥さんか、子供に何かあったのかもしれない。そう思った。

 子供のお尻に、出来物があるのは知っていたが、その出来物が潰れた所に、穴が空いている。との事だった。

 携帯で調べると、二分脊椎という単語が出て来る。先天的にお尻から背骨のラインに穴が空いており、それが悪さをして、排泄行為や、歩行等に困難な症状を生み出す疾病である。

 全身に震えが来た。一気に目が覚めて、重篤な症状と共に生きる我が子を想像して、涙が出そうになった。

 似た様な症状も何個かあるし、その可能性が高い為、安心するために、地域のかなり大きい小児科に奥さんは向かった。

  しかし、万が一の時、対処出来ない事や、満足に診察出来ないと言われ、更に地域で1番というほどでかい総合病院へ行けと、紹介書を持たされた。

 更に不安な事に、出来物の箇所付近に、マジでちっこい穴が🕳もう一つ空いていて、そちらの方が穴の終点が見えずに不安です。と脅された。

 翌日、職場に無理を言って、病院に付き添った。かなり珍しい症例のようだった。医者もぶっちゃけ肉眼では確認出来ないし、もしも、があった時、あまりにも重篤なので、MRIの順番を、優先度高めに入れてくれた。

 MRIの為、重量感のある分厚い扉の向こうに我が子が運ばれて行く様は、ドラマの手術室を思い起こさせ、僕らは泣いた。

 結果、レントゲンでは、異常が大きい穴も、小さい穴も見当たらない。との事だった。安心して、何日分も働いたように僕らは疲れた。

 背骨の中を走る神経に、違和感がなかったようなのはうれしかった。レントゲン結果の写真に救われた。

 

 文頭に話は戻るが、今回僕は、自分の意識は、脳から背骨を通る神経に宿る。と考えを改めた。レントゲンでみたあの空間に、人のナニか形容し難いものが詰まっている事を理解した。

 

 それだけのプライベート日記です。オチはありません。f:id:masao4224:20170914222218j:image

ドキュメンタルと言う実験風映像について

 皆様、おはこんばんちわ

 日記を書くことは好きなのですが、着手するまでに時間がかかってしまう事から、月曜日は○○について、の様なテーマを作り出すことにしました。

好きなことを行うのにモチベーションが必要なのはだめだよなあ。一人寝室に居るときに自動的に右手が僕の一定の部分を目指してdoする事に関しては、何のやる気が無くても行えるので、doする事を仕事にしたいですね。それなら毎日欠かさずdoを行います。(ちびでぶはげめがねが、do、する事に対してお金を払う人間は居ませんが、もし居た場合、その事実がdoする事をcant doになり、妨げてしまう事からパラドックスが起きてしまい、どのみち僕はdoする事による収入を得ることが無い。)

do する様に、色んな事を自分の中の情熱のまま行い、お金を得たいですね。

 ちなみにこのプロジェクトを行ったところで、日記の更新速度は変わらない予定です。頑張ります。と言ったことから頑張らなくなる自分ですから、頑張りません。

 

 月曜日は、映像作品について書いていこう。と言うことで、近頃見た映像作品について書いていきます。

 なぜ月曜日は映像作品なのか、ただでさえも憂鬱でやる気のない月曜日の空き時間を作って日記を書くのですから、比較的ポジティブな作品を見る僕にとっては、テンションのアガるジャンルなのではないかな。と言ったところです。AVとか言う人類が生み出した至上の作品の感想もここで言えるしね。

 

 

 

 ・ドキュメンタル

 制限時間6時間。閉鎖された空間。なんでもアリ。笑わせれば良い。

 以上のルールで、芸人(今のところは)が集まり、勝者が、名誉と賞金を手にする。と言った内容。

そして、一番の特筆すべき点の参加者ですが、松本人志がチョイス(番組的にはそうなっている。実際はわからない。)した人間に招待状を送り、更に参加費用100万円を自腹で支払った人間が参加できる。と言うシステムです。

そして、前述した賞金は、他の参加者の参加費用を集めた1000万。

この大金をかけてバトルを行うわけです。

実際、作中第2シーズンから言われているとおり、Amazonの倫理基準的な物は、マジガバガバであり、地上波では、確実にNGを食らう笑いが飛び交っていて、松本さんや高須さん、吉本の方達が思っていたような舞台設定はきちんと構築されています。

Amazonからの並々ならぬ”圧”を感じれるほどにお金がかかっている(でしょう)ので、とにかく豪華で、見るべき作品に仕上がっています。

 

 発展途上

 仕掛け人が、舞台設定をきちんと行ったところで、台本ナシ(これは実際に無いのではないか、グダリまくったり怪しかったりする箇所が多大に見られた。示し合わせた様な台本ありきの笑いに拒否反応が出ている方にはおすすめです。)なので、まだ3回しか行われていない大会では、手探り状態や、こう着状態が多く見られます。ここは、マイナスだなぁ、と感じた所の一つです。しかし、映像編集がかなり巧みな見せ方をするので、それすらも今の所は大きなマイナスには至っていません。(むしろ、純粋にこいつ台本なくてもおもろいやん!とか、普段のテレビにおける台本の重要性を感じられ、そこも副産物的に良かった。)

 ルールも、柔軟に毎度更新・変更されていき、見応えがあります。松本さん自身も、笑ってはいけない、と対比していましたが、あれはマンネリ、テレビの枠の笑い。こっちは見たことの無い、新鮮な笑いを楽しむことが出来ます。

 

 参加者も、今をときめく芸人から、この人このクラスの番組に出ていいの?という奇抜な人選、更には、所謂アンタッチャブルな爆弾芸人枠も用意されており、単純にどの芸人が勝つか想像するだけでも楽しい内容になっています。

 

  結局は、笑わなければ勝ち。

 この作品の問題点はここに尽きるでしょう。

 笑わせれば勝ち。みたいな風潮がありますが、敗北条件は、「笑ったら負け」です。自分のライフが3ポイント有り、笑ってしまった度合いで、松本さんの独断でライフが引かれていきます。

 松本さんの独断で笑ったかどうかを決めるので、このジャッジ、番組的には正解だが、不満だなぁ。と思う点もあります。

 ルールも、笑わせれば勝ちに近付いては来ましたが、結局は、笑わなければ勝ち。なので、防御力特化の芸人が勝ち残り易い傾向にあり、これは隠しきれない問題となっていると思います。

 

 それでもS3まで見てしまう魅力。

 発展途上という観点からいろいろ問題点はありますが、制作側が、Amazonという広大なフィールドを手に入れて、猛獣に好き勝手させるという番組スタンスは観ているだけでエンタメ欲をドキドキ刺激してくれ、真新しい快感を与えてくれるのでは無いでしょうか、前述した様に、番組の編集にも力が入っていて、サクサク観られるのも良いです。

 プライムビデオという事で、携帯等にダウンロードしてから再生も可能であり、通勤中にラジオがわりに聞いたり、高画質な物を撮り貯めて家族で見る(子供がいるところでは止めようね)楽しさも感じられ、プライムビデオというプラットホームにガッチリハマっているな。という感想です。

 

 散々言われている、賭博では無いか?と言う質問には制作側も以前調べた段階では声明を出しておらず、グレーゾーンの番組ということに変わりありませんが、だからこそ出来る独特の空気は唯一無二であり、いい空間を作り出しています。

 

 最後に、この番組の感想を見ると、実際は優勝者ではなく、今日1の笑いを出した人間が評価されている様に感じます。番組的な勝者と、みんなの心の中の優勝者の解離もありますが、そう言った感想をSNSで呟ける楽しさもある良い番組だと思いました。

 くーちゃんと、川原くんと、春日と、小峠、ジャンポケ斉藤さんは誰がなんと言おうが好きな芸人になりました。そういう意味では、100万の自腹で、本物の芸人はめちゃんこ評価されるので、途中敗退でも価値はあるのかもしれません。