まさおの脳みそ

ぼくの脳みそ

無題

 皆様おはこんばんちわ。日記です。

 

 何度も色んな媒体で書いているが、俺は死ぬときに後悔しなければそれで良い人生だと思う。だから、今死んで、後悔することは片付けておきたいし、死ぬときに後悔がなければ何時死んでも良いと思っている。

 大学の頃は、特にこの考え方が顕著で、かつ、彼女も居なく(出来ない)、自由に行動でき、自分の行動で迷惑がかかる人間もそこまで居なくて、責任も軽く、その軽い責任も自分の分を負担するだけですんだので、非常に人生が楽しく、このような人生のまま、一生を過ごせたらなんて素晴らしいのだろうと思っていた。

 

 僕は、彼女が出来たことが無く、今思えば気持ちが悪い考えに固執し、姿も醜かったので、仕方がないのであるが、子供をこの世に残すことは出来ないだろう。と本気で考えていた。だから、死ぬまでに、俺がこの世に居た証拠というか足跡というか、何かを残したいなあ。と漠然と考えていた。

 考えたので、物を創造すると言うことは、意識やモチベーションだけあっても、行動に移すことは非常に難しいことである、糞以外何も生み出さない僕でも、創作する事の高尚さは理解しているつもりである。

  僕は結局、自分一人では何も生み出すことは出来ずに、一番嫌いな人種になっていた。

 

 そんな中、僕の周りには、何名か作品を作り続けている人間がいる、僕からすると、友人と思える人間である。その人間は、まるで赤子を産み出すかの様に、世の中の色んな物と関わりながら、時には苦しみながら、自分の中の作品や、自分を表現しようとしている。その様は、非常に美しく素晴らしいと感じている。

 

 僕が生きているこの世の中は、極端で、一方は、他人の生き方を尊重し、多種多様で人間一人一人の生き方があることを理解し、認める社会と、一方、所謂普通の幸せと働き方、ライフプランこそが至高と考える人間が多く、他の生き方を認めようとしない人間が、想像以上に存在する。創作して生きていく人間を認めようとしない社会だ。こう言う極端な2面性を、1つの物が抱えている。

 創作物を認めて貰い、お金を得るには、創作物を認めようとしない一面にも目を向けさせる必要があり、屈服させるほどの素晴らしい物を見せつける必要がある。

 

 別に書かなくて良いことに話が飛んでしまったが、僕が手放してしまった、自分だけが表現できる、素晴らしい物を、現代社会で産み出し続ける事は、僕にとっての憧憬その物であり、最上級の尊敬と、誇らしさを感じる行為である。私にとっての星なのだ。

 

 この道を歩み続けることは、困難であると思うが、どうか後悔しない様に無理の無いように。と願うばかりである。

ぬいぐるみがかわいい

 ぬいぐるみがかわいい。

 言葉は要らない。

 

f:id:masao4224:20170714144925j:plain

www.ec.familiar.co.jp

 

 

 

f:id:masao4224:20170714144731j:plain

www.amazon.co.jp

 

ほしい

晩婚・少子化とかいう正しい自己防衛法

f:id:masao4224:20170701131526p:plain

 皆さま、おはこんばんちわ。

 今日は、お金について1ミリも勉強していない僕が、お金の不安について吐露する日記です。(間違えたことばかり書いているかもしれません。すみません。記事の正当性の保証はしません。)

 デリケートな内容なので、気を悪くされた方がいらっしゃいましたらすみません。

 

 近年、高齢化・晩婚化・少子化ということが問題になってきていると思います。

 高齢化については、世界有数の長寿国である日本(女性については1位、男性は6位位だった。前見たときは。)で、進化し続ける医療と、経済成長時に儲けたお金で、安定した生活を過ごせるであろう人間が多いので仕方がない事だと思います。これは変えられないよなあ。

 晩婚化・少子化については、お金がかかる子供を安易に作ることが出来ない。という問題が、大きい要因になっていると思うんですが、どうでしょうか。近年の平均初婚年齢ですが2001年(最近だよなあ)と比べても2歳ほど高くなっています。

つまり、結婚・出産を勢いで行う若年層が少なくなっているのではないかなあと思うのです。(勿論、ライフスタイルの多様化等他の要因も大きいとは思いますが)

僕は、そういう考えが非常に薄かったのですが、現在、結婚・出産を考えたときに、自分の会社、社会のポスト、収入、パートナーとのライフスタイルの組み立て・すり合わせを行ったうえで、通常は行動に移すと思われます。

これは、よく考えて行動する。と言うモラル的な意識が高まっているのもあると思いますし良い事だと思います。しかし、女性の妊娠適齢期を考えた時、適齢期と日本人が上記の行動承認できる年齢がうまくかみ合っていないように思います。(ぶっちゃけ、この会社で一生やっていこうとか、俺、多分結婚・子供出来ても責任とれる甲斐性出来たな。と確信できるのってそれこそ32歳位なんじゃないのかな。体感。)

だから、日本の今の経済状況とか、若者が情報収集するメディアでのライフプランとかを見ている人間が普通に行動すると、所謂晩婚化になると思いますし、同時に少子化にもつながっていくのかな、と思います。

 

 前述した様に、今の若年層の一般人(僕の奥さんは多分一般よりの考え方なので、それを参照に書いていますが、違っていたらごめんなさい。)が、TV、SNSや雑誌、よく行くショッピングモール等で収集する情報での、今後のライフスタイルは、かなり高所得者のモデルイメージを多く見ている様に思います。そして、自分たちもこういった生活が出来る。と思ってしまうように思います。

そういったイメージのライフプランのレールを戻れないくらい敷いたときに、あれ、これ老後の金全然足りなくね?となって、子供を多人数育てられない・・・。という家庭も多いのではないか、と僕は思います。

正直、本当に所謂一般人のモデルライフプランを、若年層に提示しなければいけないんじゃないの?と僕は非常に考えています。

クレヨンしんちゃんの、野原ひろしも、若いのに、かなり大きな持ち家もあり(ローンを通せる凄み)車も持っていてすごい!と若年層は感じると思うんですよね。でも、連載開始時では、一般的な父親だったのではないかな、と思いますし

サザエさん一家も、2馬力であの規模の家を回していて、生活にそこまで困っている印象を持たないのは、現代ではすごい事ではないでしょうか。でもあれが普通な時代もあった。

いま、僕らが、普通に生きて、老後の事も考えて貯金したらこんな生活が平均的なライフプランだよーと言う情報が欲しいです、欲しくないですか?

 でもそれって夢がないんだよね。おっさんのくせに、バチェラージャパンに惹かれるのは、あのラグジュアリーな空間に惹かれるからだろうし。値段とか見てもないけれど、かっこいいモデルハウスはめちゃめちゃ憧れるし。

 僕は頭悪いんで、お金の事とか社会保障の事とか年金の事とか、まだ何もわかってないですけど、なんもわかっていない上で、今のままでは、老後確実にお金足りない。子供を育てる我慢することも出てくるかもしれない。2馬力で子供も産まず、お金を貯めて、余裕を持った生活もぜんぜん良いなと最近考えるわけですね。でもそれは多分子供を育てる楽しさを知らないからで、体験してしまったらまた違うのだろうけれど。

 ぼくと似たような考えの人も多いと思うので、個人的には、少子化・晩婚化と言うのは、経済的に自衛するという意味では、全然間違っていない方法なのかなと言う所でタイトルです。

 

 他の国も、大人になって知っていて当たり前のアレコレってこんなにわかりにくいものなのかなあ。と言うか、僕が情報を仕入れなさすぎなんだろうなあ。日本もわかりやすいページがあるのかもしれないな。探してまたまとめようかな。